ご利用規約

ご利用規約

dキッズご利用規約

株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」といいます)がdマーケットにおいてお客さまに提供するdキッズ(以下「dキッズ」といいます)は、このdキッズご利用規約(以下「本規約」といいます)に従って提供されます。お客さまが本規約に同意されない場合、dキッズをご利用いただくことはできません。

第1条(dキッズの概要)

(1) dキッズとは、お客さまがドコモの提供する子ども向け知育コンテンツ(以下、dキッズにおいて提供されるコンテンツを「対象コンテンツ」といいます)をdキッズに対応した端末(ドコモが別途指定するものとし、以下「dキッズ対応端末」といいます)に有料でダウンロード(ストリーミング再生を含むものとし、以下同じとします)して利用するために、本規約に定める条件に基づきドコモがお客さまに提供するサービス(機能)の総称です。
(2) dキッズにおいてお客さまがご利用になれるサービス(機能)は、次の各号のとおりです。
ⅰ 対象コンテンツのダウンロードおよび利用
ⅱ dキッズの利用時間の制限その他dキッズの利用にかかる各種機能の制限
ⅲ メッセージR(リクエスト)、ショートメッセージ(SMS)またはdアカウントとして利用されているメールアドレス(以下総称して「電子メールアドレス」といいます)へ配信される対象コンテンツに関するおすすめ情報等の取得
ⅳ dキッズ用WEBサイト(以下「dキッズサイト」といいます)内での新着およびおすすめ情報等を表示するページの閲覧
(3) ドコモは、お客さまによるdキッズのご利用に際して、お客さまの契約形態等に従ってお客さまのアカウントおよびパスワードまたはお客さまのdキッズ対応端末にかかる端末識別番号(以下総称して「ユーザID等」といいます)を確認します。ドコモがお客さまのユーザID等を確認できない場合、お客さまはdキッズをご利用できない場合があります。なお、ユーザID等のご利用条件は、お客さまの契約形態等に従ってドコモが定める各規約等に定めるところによります。また、ドコモがユーザID等の確認を行う際、FOMA/Xi回線を通じお客さまがdキッズにアクセスしていただくことが必要となる場合があります。
(4) dキッズに関するお客さまのご利用情報および本規約に基づくお客さまの一切の利用権は、ユーザID等単位で管理されます。お客さまのユーザID等が入力された場合またはお客さまのユーザID等が入力されたことのあるdキッズ対応端末(ユーザID等を設定した端末を含みます)からアクセスがあった場合、ドコモはお客さまご自身がdキッズを利用したものとみなすことができるものとし、dキッズサイト等上の情報および対象コンテンツの表示など、お客さまのdキッズのご利用情報を表示します。お客さまはユーザID等およびユーザID等を入力したことのあるdキッズ対応端末を厳重に管理するものとし、第三者に譲渡、貸与、質入、その他利用させてはならないものとします。
(5) ドコモは、お客さまにあらかじめ通知することなく、対象コンテンツを含むdキッズの内容(dキッズで提供される各種情報を含みます)および仕様を変更し、それらの提供を停止または中止することができるものとします。
(6) dキッズのご利用(対象コンテンツのダウンロードおよび電子メールアドレスでの情報等の受信を含みます)には利用される通信手段に応じてパケット通信料がかかります。国際ローミング利用中におけるパケット通信料は、お客さまがパケット定額サービスをご契約されていても、海外パケ・ホーダイが適用となる場合を除き、パケット定額サービスの適用対象外となります。


第2条(契約の成立等)

(1) dキッズは、次の各号に定めるお客さまに限りご利用いただくことができます。
ⅰ ドコモとspモード契約を締結しているお客さま(以下「spモード契約者」といいます)
ⅱ ドコモとFOMAサービス契約約款またはXiサービス契約約款(以下「契約約款」といいます)に基づく回線契約(以下「対象回線契約」といいます)を締結しているお客さま(ただし、ドコモが指定する一部の料金種別で契約しているお客さまを除きます)のうち、ドコモが別に定める「dアカウント利用規約」(以下「dアカウント規約」といいます)に基づきドコモが発行したドコモ回線dアカウント(以下「ドコモ回線dアカウント」といいます)の IDおよびパスワード(以下「ドコモ回線dアカウントのID/パスワード」といいます)をお持ちのお客さま(spモード契約者を含めて、以下「ドコモ回線契約者」といいます)
ⅲ「dアカウント規約」に基づきドコモが発行したキャリアフリーdアカウント(以下「キャリアフリーdアカウント」といいます)のIDおよびパスワード(以下「キャリアフリーdアカウントのID/パスワード」といいます)をお持ちのお客さま(以下「非回線契約者」といいます)
(2) お客さまがdキッズの利用を希望される場合、本規約に同意のうえ、ドコモが別に定める方法に従い、dキッズの利用にかかるお客さまとドコモとの間の契約(以下「dキッズ利用契約」といいます)のお申込みを行う必要があります。
(3) 非回線契約者のお客さまは、dキッズ利用契約のお申込みにあたり、dキッズのご利用料金(以下「dキッズ利用料」といいます)のお支払いに利用するクレジットカード(以下「決済用クレジットカード」といいます)を届け出ていただく必要があります。なお、ご利用いただけるクレジットカードは、ドコモが別途指定する種類のクレジットカードであり、かつ、ご本人名義のものに限ります。また、非回線契約者のお客さまは、決済用クレジットカードについて、以下の各号の事項に同意するものとします。
ⅰ 決済用クレジットカードの変更を希望する場合は、ドコモが別に定める方法により変更の届出を行うものとし、かかる変更がなされない限り、dキッズ利用料は、毎月、届け出のあった決済用クレジットカードによりお支払いいただくこと。
ⅱ 決済用クレジットカードの会員番号または有効期間に変更または更新があった場合、ドコモが別に定める方法により、その旨を届け出ること。
ⅲ 決済用クレジットカードは、ドコモが別に指定する他の月額料金制のサービス(以下「特定サービス」といいます)のご利用料金のお支払いに利用いただくクレジットカードと同一のものにする必要があること。
ⅳ dキッズに関して届け出た決済用クレジットカードが、過去に特定サービスに関して届け出たクレジットカードと異なる場合、以降、当該特定サービスのご利用料金についても、dキッズに関して届け出た決済用クレジットカードによりお支払いいただくこと。
ⅴ 特定サービスに関して届け出たクレジットカードが、過去にdキッズに関して届け出た決済用クレジットカードと異なる場合、以降、決済用クレジットカードは当該クレジットカードに自動的に変更されること。
ⅵ ドコモは、決済用クレジットカードの情報を、特定サービス以外のドコモのサービスにおいても利用する場合があること。
ⅶ ドコモは、クレジットカードによる決済に必要な範囲で、お客さまの個人情報をクレジットカード会社および決済代行会社に通知する場合があること。
ⅷ クレジットカード会社からドコモに対して、決済用クレジットカードの会員番号や有効期限の変更または更新に関する情報が通知される場合があること。
(4) ドコモは、第2項に基づくお客さまからのお申込みを受けた場合、審査のうえ、ドコモ所定の方法により、dキッズ利用契約のお申込みに対する諾否を通知します。ドコモが申込みを承諾する旨の通知を行った場合、その時点で、お客さまとドコモとの間にdキッズ利用契約が成立し、その効力を生じるものとします。なお、次の各号のいずれかに該当する場合、お客さまからのお申込みを承諾しない場合があります。
ⅰ 第1項各号のいずれにも該当しないお客さまによるお申込みである場合
ⅱ 非回線契約者によるお申込みであり、かつ、届出のあった決済用クレジットカードについて、dキッズ利用料の決済への利用についてクレジットカード会社の承認を得られない場合
ⅲ 回線契約者によるお申込みであり、かつ、対象回線契約について、利用停止中、利用休止中、電話番号保管中など、ドコモが別に定める状態にある場合
ⅳ dキッズの利用を停止され、またはdキッズ利用契約を解除されたことがあるお客さまによるお申込みである場合
ⅴ dキッズ利用契約の申込み内容もしくは届出内容に不足もしくは不備があり、もしくは虚偽の内容が含まれる場合、またはそれらのおそれがある場合
ⅵ 本規約に違反するおそれがある場合
ⅶ dキッズ利用料その他のドコモに対する債務のお支払いを現に怠り、または怠るおそれがある場合
ⅷ その他ドコモが不適当と判断した場合
(5) お客さまが未成年者の場合は、親権者等法定代理人の同意を得てdキッズ利用契約の申込みをするものとします。未成年者のお客さまがdキッズを利用された場合には、法定代理人の同意を取得したうえで利用されたとみなします。


第3条(契約の終了)

(1) お客さまは、ドコモが別に定める方法に従い解約の申込みをすることにより、いつでもdキッズ利用契約を解約することができます。
(2) 次の各号のいずれかに該当する場合、ドコモはお客さまへの通知をすることなく、dキッズ利用契約を解約することができるものとします。
ⅰ dキッズ利用料その他のドコモに対する債務をその支払期限を経過してもなおお支払いただけない場合(dキッズ利用料その他の債務に係るドコモの債権を請求事業者(第8条に定義します)に譲渡した場合であって、同社へのお支払がないときを含みます。)
ⅱ お客さまが非回線契約者の場合において、決済用クレジットカードでdキッズ利用料の決済ができない状態となった場合(お客さまが決済用クレジットカードの会員資格を喪失し、または決済用クレジットカードの利用にかかるクレジットカード会社との契約が終了した場合、決済用クレジットカードの利用が停止された場合、決済用クレジットカードの会員番号や有効期限に変更または更新があり、変更・更新手続きが行われなかった場合(ドコモがクレジットカード会社から連絡を受けた場合を除きます)など)
ⅲ ドコモまたは第三者の著作権その他の権利を侵害する、または侵害するおそれのある行為を行ったことが判明した場合
ⅳ 他のお客さま、第三者もしくはドコモに不利益もしくは損害を与える、またはそのおそれがある行為を行ったことが判明した場合
ⅴ dキッズの運営を妨げる行為を行ったことが判明した場合
ⅵ その他犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、違法な行為、公序良俗に反する行為またはそれらのおそれがある行為を行ったことが判明した場合
ⅶ 本規約に違反した場合
ⅷ その他ドコモが不適切と判断する行為を行ったことが判明した場合
(3) 次の各号のいずれかに該当した場合、dキッズ利用契約は自動的に終了するものとします。
ⅰ お客さまがドコモ回線契約者の場合において、対象回線契約について、解約、名義変更、改番または電話番号保管がなされた場合
ⅱ お客さまが、ドコモ回線dアカウントをお持ちでないspモード契約者の場合において、spモード契約が終了した場合
ⅲ お客さまが非回線契約者の場合において、キャリアフリーdアカウントが失効した場合
ⅳ お客さまがspモード契約者以外のドコモ回線契約者の場合において、ドコモ回線dアカウントが失効した場合
ⅴ dキッズの全部が廃止となった場合
(4) 前項の規定にかかわらず、ドコモ回線契約者であるお客さまが対象回線契約を解約される場合、対象回線契約の解約に際し、ドコモが別に定める方法に従い、以下の全ての条件を満たされた場合には、dキッズ利用契約は終了せず、引き続き非回線契約者としてdキッズをご利用いただくことができます。なお、この場合において、対象回線契約の終了以降にdキッズをご利用になるためには、キャリアフリーdアカウントが必要になります。対象回線契約の解約に伴い、お客さまが保有していたドコモ回線dアカウントは原則として特段の手続きを要せず、キャリアフリーdアカウントに自動移行し、そのままご利用いただけますが、例外的に、お客さまのドコモ回線dアカウントのIDが電話番号形式、@docomo.ne.jp形式のドコモのメールアドレスまたは自由文字列形式の場合には、別途dアカウント規約に定めるキャリアフリーdアカウントへの移行のお申込みを行っていただく必要があります。
ⅰ dキッズ利用契約の継続を希望されること
ⅱ 決済用クレジットカードを届け出ること
ⅲ 届出のあった決済用クレジットカードをdキッズ利用料の決済に利用することについて、ドコモがクレジットカード会社の承認を得られること
(5) 非回線契約者であるお客さまが対象回線契約を締結し、ドコモ回線契約者となった場合、お客さまは、キャリアフリーdアカウントに関する登録情報に契約回線にかかる電話番号を追加するドコモ所定の手続き(以下「電話番号登録」といいます)を行うことにより、お客さまがご利用のキャリアフリーdアカウントのドコモ回線dアカウントへの移行をお申込みいただくことができます。この場合、キャリアフリーdアカウントのお申込み時等にご登録いただいたお客さまに関する情報は、ドコモ回線dアカウントに関するご登録情報として引き継がれますので、dキッズ利用契約は終了せず、引き続きドコモ回線契約者として移行後のドコモ回線dアカウントによりdキッズをご利用いただくことができます。ただし、この場合であって、ドコモ回線dアカウントへの移行完了前にドコモ回線dアカウントへの移行の申込みをされる対象回線契約のドコモ回線契約者としてdキッズを利用されていた場合、当該利用にかかるご利用情報等は、ドコモ回線dアカウントの移行完了をもって消去され、キャリアフリーdアカウントにより利用されていた際のご利用情報等に上書きされますのでご注意ください。
(6) ドコモは、本条に基づきdキッズ利用契約が終了したことにより、お客さまが損害を被った場合でも、一切責任を負いません。


第4条(本規約・特約の変更)

本規約または特約(第6条に定義します)の内容は、ドコモの都合により、お客さまにあらかじめ通知することなく変更されることがあります。この場合、dキッズの提供条件等については、変更後の本規約および(または)特約が適用されます。


第5条(dキッズの利用条件)

(1) dキッズをご利用いただくためには、dキッズ対応端末をご用意いただく必要があります。なお、dキッズ対応端末であっても、お客様の使用する端末またはOSもしくはアプリのバージョン等に応じて、dキッズの全部もしくは一部のサービス(機能)をご利用いただけない場合、または、サービス(機能)の内容が異なる場合があります。
(2) お客さまは、ドコモUIMカード(spモード契約者の場合)、ドコモ回線dアカウントのID/パスワードおよびそれらを入力したことがある端末(ドコモ回線dアカウント設定によりドコモ回線dアカウントのID/パスワードを設定した端末を含みます)(ドコモ回線契約者の場合)ならびにキャリアフリーdアカウントのID/パスワードおよびそれらを入力したことがある端末(キャリアフリーdアカウント設定によりキャリアフリーdアカウントのID/パスワードを設定した端末を含みます)(非回線契約者の場合)を厳重に管理するものとし、第三者に譲渡、貸与、質入、その他の利用をさせてはならないものとします。


第6条(対象コンテンツごとの特約および対象コンテンツの利用条件について)

(1) 対象コンテンツの利用(対象コンテンツのダウンロードを含みます)に関する条件については、ドコモが個別の対象コンテンツについて別途利用条件(以下「特約」といいます)を定めない限り、本条その他本規約に定める対象コンテンツの利用条件が適用されます。なお、各対象コンテンツについて、ドコモが特約を定める場合には、お客さまは、対象コンテンツのご利用にあたり、本規約のほか特約に同意いただく必要があり(各対象コンテンツについて特約を定める場合には、各対象コンテンツの紹介ページ(リンク先を含みます)上に当該特約が表示されます)、特約に同意頂けないお客さまは当該対象コンテンツを利用することができません。なお、本規約に定める利用条件と特約に定める利用条件との間に異なる点や矛盾する点がある場合、特段の定めがない限り、特約に定める利用条件が本規約に優先して適用されるものとします。
(2) ドコモは、お客さまが本規約等の規定に従って対象コンテンツを利用されることを条件に、dキッズ利用契約の有効期間中に限り、対象コンテンツの非独占的かつ譲渡不能の利用権を、お客さまに対して有償で許諾することとします。
(3) 対象コンテンツにかかる著作権その他の知的財産権等の全ての権利は、ドコモまたは対象コンテンツにかかるその他の権利者に帰属するものとし、本規約等による対象コンテンツの利用許諾は、お客さまに対して、対象コンテンツにかかるいかなる権利の譲渡または移転を認めるものではなく、本条に定める範囲を超えての対象コンテンツの利用を認めるものではありません。
(4) お客さまは、自己の費用と責任において、対象コンテンツをお客さまのdキッズ対応端末においてダウンロードし、これを利用するものとします。なお、dキッズ対応端末であっても、お客様の使用する端末またはOSもしくはアプリのバージョン等に応じて、対象コンテンツの全部もしくは一部をご利用いただけない場合、または、対象コンテンツの内容が異なる場合があります。また、ドコモは、対象コンテンツが全てのdキッズ対応端末に対応することを保証するものではありません。
(5) お客さまは、対象コンテンツの利用にあたり、次の各号に定める事項を遵守するものとします。
ⅰ お客さまは、第2項に記載した範囲を超えて対象コンテンツを利用または使用してはなりません。
ⅱ お客さまは、対象コンテンツの全部または一部を複製、改変、改ざんし、または逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリング(主に、「内容を解析して、人間が読み取り可能な形に変換すること」を指します)を行ってはなりません。
ⅲ お客さまは、対象コンテンツに付されている著作権表示その他の権利表示を除去または変更してはなりません。
ⅳ お客さまは、対象コンテンツの全部または一部を、有償、無償を問わず第三者に販売、頒布、公衆送信(自動公衆送信の場合にあっては、送信可能化を含みます)、貸与、譲渡、再利用許諾、開示し、または担保設定もしくはリースその他処分をしてはなりません。
ⅴ お客さまは、対象コンテンツを、ドコモもしくは第三者の著作権等の知的財産権その他の権利を侵害する行為、公序良俗に反する行為、犯罪を構成する行為もしくは法令に違反する行為、またはそれらのおそれのある行為に利用してはなりません。なお、お客さまが本規約等の定めに違反して対象コンテンツを利用したことにより第三者との間で当該第三者の権利を侵害した、または侵害するおそれがあるとして紛争等が生じた場合は、お客さま自身の責任において当該紛争等を解決するものとし、これによりドコモが損害を被った場合には、ドコモは、自らが被った当該損害につき、その賠償をお客さまに請求できるものとします。
ⅵ お客さまは対象コンテンツを、本条において認められた範囲で、個人的かつ非商業的な利用に限り利用することができるものとし、営利目的のために利用してはなりません。
(6) 対象コンテンツの内容および品質は、お客さまがdキッズにおいて対象コンテンツをダウンロードされる時点でドコモが合理的に提供可能な範囲のものとします。
(7) ドコモはお客さまに対し、対象コンテンツに関して、利用目的・機器等への適合性、および利用結果に関わる的確性や信頼性について保証するものではありません。
(8) ドコモは、dキッズを通じてお客さまが閲覧または取得する情報、コンテンツ、アプリケーション等についてその安全性、正確性、確実性、有用性等についていかなる保証も行わないものとし、お客さまに損害が発生した場合であっても、一切責任を負いません。
(9) ドコモは、dキッズサイト、アプリ等において、第三者の提供するサイトにリンクを設定する場合がありますが、当該リンク先について一切責任を負いません。
(10) ドコモは、dキッズにおいてドコモが入手するお客さまの情報の保存義務を負わないものとします。お客さまは、必要に応じて、自らの責任で自ら管理するお客さまの情報のバックアップを取るものとします。
(11) 対象コンテンツは、対象コンテンツ毎に利用可能期間が設定されている場合があります。
(12) ドコモは、お客さまに対し、dキッズに関する技術サポート、保守、機能改善等のいかなる技術的役務の提供義務も負いません。ただし、ドコモは、ドコモの判断により、お客さまにdキッズのアップデート版またはバージョンアップにかかる情報等を提供する場合があり、この場合におけるdキッズのアップデート版またはバージョンアップにかかる情報等もdキッズに含まれるものとして、本規約が適用されるものとします。


第7条(dキッズ利用料の支払について)

(1) dキッズ利用料は、月額372円(税抜)とします。
(2) 前項の定めに関わらず、dキッズ利用契約の成立日から起算して31日間、 dキッズ利用料を無料とします(以下「初回無料特典」といいます)。ただし、非回線契約者のお客さまについて、過去に初回無料特典の適用を受けたことがあるdキッズ利用契約において初回無料特典の適用開始時に届けられていた決済用クレジットカードと同一の決済用クレジットカードを届け出られた場合、一部の場合を除き、初回無料特典は適用されません。なお、dキッズ利用料は第8項に定めるとおり、日割しないため、初回無料特典の適用中に解約されない場合には、当該適用期間満了日の翌日が属する月より1か月分のdキッズ利用料がかかりますのでご注意ください。
(3) 前項の規定の適用にあたっては、対象回線契約またはキャリアフリーdアカウントの単位で、それぞれについて初めてのご契約である場合に初回無料特典を適用します。
(4) 前項の規定に従い、dキッズ利用契約をご契約のお客さまのキャリアフリーdアカウントが、第3条第5項本文に定める電話番号登録の方法によりドコモ回線dアカウントに移行した場合、移行前のキャリアフリーdアカウントで初回無料特典の適用を受けたことがある場合であっても、ドコモ回線dアカウントへの移行の申込みをした対象回線契約について初回無料特典の適用を受けたことがないときは、お客さまは当該対象回線契約について新規に初回無料特典の適用を受けることができます。また、お客さまが、ドコモ回線dアカウントへの移行の申込みをした対象回線契約について現に初回無料特典の適用を受けている場合には、引き続き当該初回無料特典の期間満了までの間、当該初回無料特典が適用されます。なお、対象回線契約における初回無料特典の適用状態の如何にかかわらず、移行前のキャリアフリーdアカウントに対して適用されていた初回無料特典は、ドコモ回線dアカウントへの移行が完了した時点をもって終了します。
(5) 本条第3項の規定にかかわらず、dキッズ利用契約をご契約の回線契約者で初回無料特典の適用を受けたことがあるお客さまのドコモ回線dアカウントが、対象回線契約の解約の後、第3条第4項の定めに従いキャリアフリーdアカウントに移行した場合、お客さまは当該移行後のキャリアフリーdアカウントについて再度初回無料特典の適用を受けることはできず、対象回線契約に対して初回無料特典の適用期間中に当該対象回線契約にかかるドコモ回線dアカウントがキャリアフリーdアカウントに移行した場合、当該初回無料特典はその時点で終了します。
(6) FOMAサービスにかかる対象回線契約とXiサービスにかかる対象回線契約との間での契約変更がなされた場合は、同一の対象回線契約とみなしますが、初回無料特典の適用中に当該契約変更がなされた場合、初回無料特典はその時点で終了します。
(7) お客さまは、dキッズ利用料(次条の規定により、ドコモが請求事業者へ譲渡した債権を含み、延滞利息を除きます)について支払期日を経過してもなおお支払がない場合には、支払期日の翌日から支払日の前日までの日数について、年14.5%の割合で計算して得た額を延滞利息として支払っていただきます。ただし、支払い期日の翌日から起算して15日以内に支払があった場合は、この限りではありません。
(8) dキッズ利用料の支払いについては、お客さまは次の各号に定める方法でドコモに支払うものとします。
ⅰドコモ回線契約者の場合:お客さまの対象回線契約のご利用料金と合わせて、約款その他ドコモが別途定める方法によりお支払いいただきます。本規約に別段の定めがある場合を除き、dキッズ利用料の請求、支払については、約款の定めが適用されるものとします。
ⅱ 非回線契約者の場合:決済用クレジットカードにより、前払いにてお支払いただきます。なお、何らかの事由により月額利用料のお支払いに決済用クレジットカードをご利用できなかった場合には、ドコモがdキッズ利用料を直接請求する場合があります。
(9) ドコモ回線契約者のお客さまが、第3条第4項の規定に基づき、月途中から非回線契約者としてdキッズをご利用いただくこととなった場合は、当該月の翌月のdキッズ利用料より、前項第2号の定めに従ってdキッズ利用料をお支払いただきます。
(10) 非回線契約者のお客さまが、第3条第5項の規定に基づき、月途中からドコモ回線契約者としてdキッズをご利用いただくこととなった場合、当該月の翌月のdキッズ利用料より、前項第1号の定めに従ってdキッズ利用料をお支払いただきます。
(11) dキッズ利用料は、日割しません。お客さまとのdキッズ利用契約が月途中で成立した場合、または解約された場合であっても、1か月分のdキッズ利用料をお支払いただきます。


第8条(債権の譲渡等)

(1) ドコモ回線契約者のお客さまは、ドコモがdキッズ利用料の債権を、ドコモが定める第三者(以下「請求事業者」といいます)に譲渡することを承認していただきます。この場合において、ドコモおよび請求事業者は、お客さまへの個別の通知または譲渡承認の請求を省略するものとします。
(2) ドコモ回線契約者のお客さまは、ドコモが前項の規定に基づき請求事業者へ債権を譲渡する場合において、氏名、住所および契約者識別番号等の情報(請求事業者がドコモ回線契約者のお客さまへ料金を請求するために必要な情報であって、ドコモが別に定めるものに限ります)をドコモが請求事業者へ提供する場合があることにあらかじめ同意するものとします。
(3) ドコモ回線契約者のお客さまは、ドコモが第1項の規定に基づき請求事業者へ譲渡した債権にかかわる情報(請求事業者への支払い状況に関するものであって、ドコモが別に定めるものに限ります)を請求事業者がドコモに提供する場合があることにあらかじめ同意するものとします。


第9条(dポイント等の進呈等について)

(1) お客さまが、ドコモが別に定める「dポイントクラブ会員規約」(以下「dポイントクラブ会員規約」といいます)に定める会員(以下「dポイントクラブ会員」といいます)、ドコモが別に定める「ドコモビジネスプレミアクラブ会員規約」(以下「ビジネスプレミアクラブ会員規約」といいます)に定める会員(以下「ビジネスプレミア会員」といいます)である場合、第7条第1項に定めるdキッズ利用料は、dポイントクラブ会員規約におけるサービスステージ進呈率対象料金、ビジネスプレミアクラブ会員規約におけるポイント提供対象サービス利用金額となり、お客さまにdポイント(お客様がdポイントクラブ会員である場合)またはドコモポイント(お客様がビジネスプレミアクラブ会員である場合)が進呈されます。
(2) 前項に基づくdポイントまたはドコモポイントの進呈のほか、ドコモは、ドコモが自ら企画するdキッズにおける施策等により、dポイントクラブ会員およびビジネスプレミアクラブ会員にdポイント(お客様がdポイントクラブ会員である場合)またはドコモポイント(お客様がビジネスプレミアクラブ会員である場合)を進呈する場合があります。これらの施策等を実施する場合には、それぞれの内容の詳細について、dキッズサイトにてお客さまに周知します。
(3) 本条に定めるdポイントまたはドコモポイントの進呈および進呈されたdポイントまたはドコモポイントの利用に関する条件等は、本規約に定める事項を除き、dポイントクラブ会員規約(お客さまがdポイントクラブ会員である場合)、ビジネスプレミアクラブ会員規約(お客さまがビジネスプレミア会員である場合)が適用されます。


第10条(お客さまの情報の取扱い等)

(1) ドコモは、dキッズの提供に関連して取得したお客さまの個人情報をドコモが別に定める「お客様の個人情報に関するプライバシーポリシー」に従って取り扱います。
(2) ドコモは、お客さまが対象コンテンツを利用した日時および回数等、dキッズの提供にあたりドコモが取得したお客さまの情報を、dキッズ以外のサービス等の提供のために、前項に定める範囲で用いる場合があります。また、お客さまの情報を、統計解析ツール等を用いて解析し、調査、統計、またはサービス等の企画等の目的で、個人を特定できない状態で利用する場合があります。
(3) ドコモは、お客さまにdキッズを便利にお使いいただくため、お客さまの情報に応じた対象コンテンツに関するおすすめ情報などを、パスワード確認等の認証をすることなく、お客さまのdキッズ対応端末の画面上に表示することがあります。
(4) ドコモは、お客さまがdキッズを利用する場合、お客さまを識別するためにドコモが発行する固有の記号(以下「dキッズ契約者ID」といいます)を対象コンテンツの提供元(以下「対象コンテンツ提供元」といいます)に送付するものとします。また、対象コンテンツの提供に必要な範囲で、dキッズまたはdキッズ以外のサービス等の提供のために、dキッズ契約者IDとともに、お客さまの個人情報(生年月日、性別、対象コンテンツの利用履歴等)を対象コンテンツ提供元に対して提供する場合があります。なお、お客さまが本規約等に違反した場合、ドコモは、dキッズ契約者IDとともに、当該違反の事実等を対象コンテンツ提供元に対して提供する場合があります。ダウンロードされた対象コンテンツおよびそのダウンロード回数にかかる情報を、お客さまのユーザID等その他のお客さま個人を特定する情報を削除したうえで、調査、統計、またはサービス等の企画等の目的で、当該対象コンテンツ提供元その他の権利者に通知することがあります。
(5) dキッズ利用契約が終了した場合、別途定めが無い限り、当該終了時点をもって、本規約等に基づくお客さまのdキッズに関する一切の利用権は自動的に消滅します。また、ドコモは、自らの裁量により、お客さまの個人情報(生年月日、性別、対象コンテンツの利用履歴等)の全部または一部を削除することができるものとしますが、別途法律上の義務がある場合を除き、削除する義務を負わないものとします。これらにより、お客さまが損害を被った場合でも、ドコモは一切責任を負いません。


第11条(お客さまへのお知らせ)

(1) ドコモは、dキッズに関するお客さまへの通知を、次の各号のいずれかの方法により行うことができるものとします。
ⅰ お客さまが対象回線契約に関してドコモに届け出ている氏名、住所、請求書の送付先等への郵送による通知(ドコモ回線契約者の場合)
ⅱ お客さまが対象回線契約において利用されているメールアドレスへの電子メールによる通知(ドコモ回線契約者の場合)
ⅲ お客さまの対象回線契約にかかる契約回線に対するメッセージR(リクエスト)またはSMSによる通知(ドコモ回線契約者の場合)
ⅳ お客さまのdアカウントにおいてIDとして利用されているメールアドレスまたは予備メールアドレスとして登録されているメールアドレスへの電子メールによる通知
ⅴ その他ドコモが適当と判断した方法による通知
(2) 前項の方法によるお客様への通知は、ドコモが特に指定する場合を除き、ドコモが前項に定める通知を発した日になされたものとみなします。
(3) ドコモは、第1項各号の他、dキッズサイトへの掲載をもってお客さまへの通知に替えることができるものとします。この場合、掲載した日をもって当該通知がお客さまに対してなされたものとみなします。


第12条(dキッズの提供中止等)

(1) お客さまが次の各号のいずれかに該当した場合、dキッズをご利用いただくことはできません。該当時点以前に利用されたdキッズのご利用情報を閲覧することもできなくなります。また、該当時点以前に購入された対象コンテンツに関しては、第6条第2項に基づく使用権の許諾は該当時点をもって終了し、以降は再ダウンロードを行えません。
ⅰ お客さまがドコモ回線契約者の場合において、対象回線契約について、解約、名義変更、改番または電話番号保管がなされたとき
ⅱ お客さまがspモード契約者以外のドコモ回線契約者の場合において、ドコモ回線dアカウントが失効した場合
ⅲ お客さまが非回線契約者の場合において、お客さまのキャリアフリーdアカウントが失効した場合
(2) ドコモは、お客さまが次の各号のいずれかに該当する場合には、dキッズの全部または一部のサービス(機能)の提供を中止することがあります。
ⅰ dキッズ利用料その他の債務をその支払期限を経過してもなおお支払いいただけない場合(ドコモが当該dキッズ利用料その他の債務に係るドコモの債権をNTTファイナンスに譲渡した場合であって、同社へのお支払いがないときを含みます)
ⅱ 過去に本規約等のいずれかに違反したことがあるまたは違反するおそれがある場合
ⅲ ドコモまたは第三者の著作権その他の権利を侵害する、または侵害するおそれのある行為を行ったことが判明した場合
ⅳ 他のお客さま、第三者もしくはドコモに不利益もしくは損害を与える、またはそのおそれがある行為を行ったことが判明した場合
ⅴ dキッズの運営を妨げる行為を行ったことが判明した場合
ⅵ その他犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、違法な行為、公序良俗に反する行為またはそれらのおそれがある行為を行ったことが判明した場合
ⅶ その他ドコモが不適切と判断する行為を行ったことが判明した場合
(3) ドコモは、前項に基づきdキッズの提供を中止するときは、あらかじめその理由および中止をする日をdキッズサイト上での通知またはその他ドコモが適当と判断する方法によりお客さまに通知します。ただし、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。
(4) ドコモは、次の各号のいずれかに該当する場合、事前にお客さまに通知または周知することなく、dキッズの全部または一部のサービス(機能)の提供を中断または停止することができるものとします。
ⅰ dキッズにかかるシステムその他dマーケットにかかる機器、設備またはシステム等の保守上または工事上やむを得ない場合
ⅱ 火災・停電等の事故、地震・洪水等の天災、戦争、暴動、労働争議等により、dキッズの運営ができなくなった場合
ⅲ dキッズにかかるシステムの障害等により、dキッズの運営ができなくなった場合
ⅳ 災害の予防もしくは救援、交通、通信もしくは電力の供給の確保または秩序の維持に必要な通信その他の公共の利益のために緊急を要する場合
ⅴ 対象コンテンツにかかる権利者等からの申し出があった場合
ⅵ その他ドコモが運用上または技術上dキッズの提供の中断または停止が必要であると判断した場合
(5) ドコモは、dキッズの全部もしくは一部のサービス(機能)の提供の中断、停止もしくは中止が一定期間継続する場合、ドコモが適当と判断する方法により事前にお客さまに通知または周知することにより、dキッズの提供を終了すること、またはdキッズ利用契約を解約することができるものとします。
(6) ドコモは、本条に基づくdキッズの全部もしくは一部のサービス(機能)の提供の中断、停止もしくは中止、dキッズの提供終了、またはdキッズ利用契約の解約等により、お客さまが損害を被った場合でも、一切責任を負わないものとします。


第13条(損害賠償)

(1) ドコモは、dキッズを提供すべき場合において、ドコモの責めに帰すべき理由によりその提供をしなかったときは、dキッズが全く利用できない状態(全く利用できない状態と同程度の状態となる場合を含み、以下、本条において同じとします)にあることをドコモが知った時刻から起算して、24時間以上その状態が連続したときに限り、お客さまの損害を次項に定める範囲内で賠償します。
(2) 前項の場合、ドコモは、dキッズが全く利用できない状態にあることをドコモが知った日からその状態が連続した期間に相当するdキッズ利用料の日割金額を発生した損害とみなし、その額に限って賠償します。
(3) 前二項に定める場合の他に、dキッズに関してドコモがお客さまに対して損害賠償責任を負う場合、ドコモが賠償する損害は、通常かつ直接の損害(第7条第1項に定める1か月分のdキッズ利用料を上限とします)に限るものとし、ドコモは、如何なる場合であっても、間接損害、特別損害、付随的損害、派生的損害、逸失利益、使用機会の喪失による損害についての責任は負わないものとします。


第14条(権利譲渡等の禁止)

お客さまは、ドコモの事前の書面による同意なしに、本規約上の地位または本規約に基づき生じたお客さまの権利もしくは義務を譲渡し、承継させ、貸与し、または担保に供することはできないものとします。


第15条(準拠法および管轄)

(1) 本規約の効力・履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。
(2) お客さまとドコモとの間で本規約に関連して訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


附則

本規約は、2015年12月1日より効力を発するものとします。

以上

2013年11月29日制定
2014年4月1日 改定
2014年6月1日 改定
2014年6月12日 改定
2014年10月1日 改定
2015年12月1日 改定

「dキッズ」の特長

「dキッズ」のサービス内容の特長をお伝えします。

アプリ紹介ページを見る 「dキッズ」の魅力を見る

31日間お試し! スマホからだとカンタンに登録できてすぐ使えます!

スマートフォン・タブレットで左のバーコードを読み取って登録してください。

対応機種一覧はコチラ

31日間無料!いますぐお試し!登録フォームへ