知育と遊びの違い

知育と遊びの違い

お子さま向けとはいえ、ゲームの要素もある知育アプリ。単に遊んでいるのと何が違うのか、知育アプリの特性に着目してみました。

お子さまの能力を引出す知育。いったい、いつスタートするのがベストなのでしょうか? 答えは……ズバリ、生まれた直後、0歳児からです。

知育アプリは教材であると同時に、ゲームでもあります。しかし、決して遊びではありません。知育は「知識を与える」教育ではなく、「能力を引出す」教育。お子さまは楽しみながら、夢中になりながら、着実に「自分で考える力」を身につけていきます。

そもそも人は、生まれた時から自発的に物事に挑戦する力があるといわれています

たとえば、「歩く」という動作。はじめのうちは立ち上がっても、すぐに尻もちをついてしまいます。そのうちつかまり立ちをし、2~3歩あるいてはまた尻もちをつき……それを何度も繰り返すことで、いつしか歩行の成功率が上がるのです。お子さまは、この「挑戦を繰り返す」という作業を自ら進んで行います。

このように、お子さまは驚くべき集中力で、自分がやりたいことに何度も何度も挑戦します。そして、うまくいったときの成功体験によって、深い満足感を味わいます。その達成感が、次の何かに挑戦する意欲へとつながるのです。

知育アプリには、お子さまの好奇心を刺激するような、何度でも挑戦したくなるような工夫がこらされており、プレイすることで知る楽しさや分かる喜び、できるうれしさを体験することができます。「自分で考えることは、楽しいことなんだ!」と、お子さまが感じてくれたら、知育は大成功といえるでしょう。

知育アプリでただ遊んでいるように見えても、どうかごあんしんください。単なる遊びではなく、お子さまたちが自ら考える力を身に付けていく様子を静かに見守りましょう。

その他の知育に関する情報

「dキッズ」の特長

「dキッズ」のサービス内容の特長をお伝えします。

アプリ紹介ページを見る 「dキッズ」の魅力を見る

31日間お試し! スマホからだとカンタンに登録できてすぐ使えます!

スマートフォン・タブレットで左のバーコードを読み取って登録してください。

対応機種一覧はコチラ

31日間無料!いますぐお試し!登録フォームへ

無料期間中にお客さまよりサービス解約のお申出がない場合、無料期間終了後は有料となり、無料期間終了日の翌日が属する月より月額利用料(1か月分)がかかります。
日割り計算はいたしませんのでご注意ください。